新井英一ウェブサイト掲示板

■ライブの感想など、お気軽に書込んで下さい! 新井もいつも楽しみにしています.
■当サイトにそぐわないと判断された内容(公序良俗に反する等)の投稿は削除致します.
■誰もが公平であるために、規則として1人の方の書込みは、1ヶ月の中で3回までとさせていただきます.

投稿者
メール
題 名
内 容 自動スペース&自動改行 入力した通りに表示
   
リンク

    削除キー (記事削除時に使用)

■投稿時には、この記事を削除する時に利用する削除キー(6文字以上の半角文字)を設定してください.
■一度設定して投稿すれば一定期間同じ削除キーが保存されます.
■入力欄に記憶された内容を消去するには、[書き直し]→[書き込む]を順番に押します.


鎌倉ライブZ迄二週間
投稿日 3月17日(日)14時10分 投稿者 鎌倉ライブZ実委 [softbank060065195253.bbtec.net] 削除

皆さま、新井英一鎌倉ライブZまであと2週間となりました!
良いお席をご希望の方は、当日13時より整理券をお配りします。
その後開場までの30分は、ご近所の杉本寺や浄妙寺の散策がお勧めです。

以下、JR鎌倉駅から会場までのアクセスです。
皆さまとお会いできることを楽しみにしております。

【アクセス】JR鎌倉駅東口(八幡宮側)バスターミナル5番乗り場から、京急バスで約10分。「杉本観音」バス停下車。鎌倉駅方向へ100メートル程戻る。
★5番ターミナルから約5〜10分間隔で出発します。
【鎌24 金沢八景駅】、【鎌23 鎌倉霊園正門前太刀洗】、【鎌36 ハイランド循環】、どれに乗っても「杉本観音」を通ります。


鎌倉の春は新井さんと共に
投稿日 3月14日(木)23時14分 投稿者 鎌倉K子 [softbank126008196206.bbtec.net] 削除

今年も新井さんが鎌倉にやってくる!
私たちもここまで続けられるとは思ってもみませんでした。
この間に、実行委員が亡くなったり、病気になったり、怪我をしたりと様々な体験をしてきました。
でもその間も、一年に一度、新井さんを迎えてライブを開くことが,目標でもあり支えでもありました。
そして今年もまた新井さんをお迎えすることができます。
心から感謝し、嬉しく思います。
ファンの皆様と一緒にコンサートを楽しみたいと思います。
緑あふれる会場で、たぶん桜満開の鎌倉で皆様をお待ち申し上げております。


今日は残り時間もわずかですが、新井さんの69歳のお誕生日ですね。
新井さん、お誕生日おめでとうございます!
益々のご活躍を、そしてご健康をお祈りしております。





春はうららか、命の音風
投稿日 3月12日(火)09時09分 投稿者 新井英一 [w201239.dynamic.ppp.asahi-net.or.jp] 削除

そろそろ鎌倉ライブです!今年はゲストにピアノの大森聖子を迎えます。
鎌倉女子大学のホール「松本尚記念ホール」で歌います。

鎌倉に縁が出来て7年、7回目のライブコンサートです。
こんなに続くとは思っていませんでした。ありがたく、嬉しいものです。

春はうららか、命の音風、、。どんな命の風が吹くか、お楽しみ!

                      新井英一


岡百合子さん高史明さん
投稿日 2月22日(金)00時06分 投稿者 奈良の鹿せんべい [119-228-194-232f1.nar1.eonet.ne.jp] 削除

先日の書き込みの続きです。高史明ご夫妻から本をいただいたお礼に新井さんの「オールドロマンティックラブソング」
を送りました。高史明さんの連れ合い岡百合子さんから返事が来ました。
岡百合子さんは「中・高校生のための韓国・朝鮮の歴史」「白い道を行く〜私の戦後史〜」
その他たくさんの本を出している方で、元社会科教師。私が教員になったときには、
すでに退職なさっていたので一緒に活動したことはありませんが、日教組の大先輩です。
いただいたお返事の中で新井さんに関わるところだけ掲載します。
「お便りと新井英一さんのCDを送って下さり有り難うございました。(省略)
新井英一さんは筑紫哲也さんの番組で名前が出た頃はじめて「コリアン世界の旅」
という本を出したジャーナリストの野村さんやもう亡くなってしまった文春の
編集者今村さんという方に連れられて新宿の文化会館ではじめて「清河への道」
を聞き、とても感動し、そのCDはその後しばらくわが家でなり続けていました。
でも、あんなに大きな会場ではなく別の居酒屋みたいな所で汗やツバが飛んできそうな
会場で聴いた時の方が感動しました。今、わが家のリビングに松田さんからいただいた
と思うのですが、新井さんの「生きる」という字がかかっていて、もうソロソロ
死にたいなと思っている私を叱って下さっています。(以下略)」
私的な書き込みですいませんが、喜びと感動のあまり書き込みました。ご容赦ください。


ライブイン永山 「共に生きる vol.12」
投稿日 2月18日(月)12時55分 投稿者 つぼじい [27-139-182-101.rev.home.ne.jp] 削除

新井英一ライブ『共に生きる vol.12』
 2019.2.17 (日) 多摩永山 樫の木ホール (かしのき保育園)

 年明け恒例となった、『共に生きる』ライブも今年で12回目。永年開催してきた「調布いの」から、この多摩永山のかしのき保育園でのライブも今年で2回目。
 京王・小田急永山駅から遊歩道を少し上ったところにあるこの保育園。とても広くて立派な施設です。主催の多賀さんからの依頼を快く引き受けていただいた園長さんによると今年で既に41年目を迎えたそうですが、とても清潔感が溢れていて樫の木ホールとの名前も新井さんの命名だそう。
 今日も厳しい冷え込みの中、広いスペースほぼ一杯の盛況でライブ開始です。
「生まれよかった」(ピアノ)
「それぞれの人生」
「舞酔唄」
 生まれてよかった、舞酔唄は久しぶりに聴きました。
今日はここで早くも望さん挨拶、父が牧師で保育園をやっていた思い出と、赤いジャケットの新しいCDの紹介も、中々順調な売れ行きだそう。
昨年秋の長崎での20年振りのライブを教会で行った話になると、これに東京から参加した小野澤さんから楽しかったとの合いの手も入ってリラックスした雰囲気。
「人の気も知らないで」
「リリーマルレーン(片桐和子:訳詩)」
「ブンガワンソロ」
 ここまで6曲と、新井さん・望さんのMCで盛り上がって前半終了。休憩を挟んだ後半は、
「元気」
「晴れたり曇ったり」
 元気も久しぶりに聴きました。主催の多賀さんからのリクエストは、元気になる曲をとのこと。晴れたり曇ったりは、望さんのおじいさんの故郷でのライブの空き時間で一気に作曲したこと、望さんも今は橋でつながったしまなみ海道にまた行ってみたいとの思い出話から、ニューアルバムから2曲
「死んだ男の残したものは」
「雨夜花(ウィアーホー)」
 先ほどのブンガワンソロにしろ、ウィアーホーにしろ、世界には今はあまり歌われない名曲がたくさんあって、これからも発掘していきたいとの想いに続いて
「望郷ブルース」
 今年で望さんと出会って32年。新井さんも3月で69歳になるけど、各地の皆さんが呼んでくれる限り歌い続けたいとの力強い言葉で、
「清河への道」
「父の国」(ピアノ)
 ここまでで丁度2時間経過で、盛り上がった今年の初ライブも終了。新井さんの喉の調子も絶好調のようです。
 最後に主催の三枝さん・多賀さんを代表して、多賀さんから力強い挨拶とともに片付け。若い保育士さんたちが手伝ってくれました。
 引き続き隣接するイタリアンレストラン「きっちん・カラーカ」で打ち上げ。
今回は家内の体調も万全ではないので打ち上げはご遠慮するつもりでいましたが、お誘いいただいて私だけ参加させていただきました。
 園長ご夫妻も参加され、新井英一に対する思いも披露いただく中で和やかに懇親。
新井さんからは、これからもオリジナルとは別に、各地の埋もれた曲、今はあまり演奏されない名曲の紹介も続けていきたいとの言葉を受けて、同じテーブルの参加者からそれぞれの思い出の曲のリクエストの一幕も。
 まだ日程は決まっていないけれども、来年も是非ここでとのことでした。
今日も主催の純ママがいらっしゃっていましたが、9月13日には2年振りの13日の金曜日ライブが八王子であります。
 また、望さんのアコースティック・ライブをこのレストランでとの話しでも盛り上がりましたが、4月頃で日程はまたお知らせとのことでした。お楽しみに!
 とても心に沁みる、初ライブでした。新井さん、望さん、皆さん、ありがとう!
次は3月の鎌倉ライブですね、またあの素晴らしいホールで出会えるのが今から楽しみです。是非またお会いしましょう。
 つぼじい・たかこ


人の縁2
投稿日 2月16日(土)19時33分 投稿者 奈良の鹿せんべい [119-228-194-232f1.nar1.eonet.ne.jp] 削除

それから先週金曜日に山村宙載君に私の学校で授業してもらいました。
山村宙載は最近新井英一奈良ライブのゲストで歌っている京都のお肉屋さんです。
20年ほど前に京都の拾得新井英一ライブで入り口で並んでいて意気投合し、
楽屋に2人で行って新井さんにサインをもらって交流が始まりました。
今では関西のバラエティ番組で何度もお店が紹介され、京都の映画館では「やまむらや」
のCMが流れます。京都ラジオ水曜日18時からは「人生はバーベキュー」という
ラジオ番組もしています。これらの宣伝活動はすべて社員のため、お肉を食べて
幸せになってくれるお客さんのためだそうです。
今回は私の学校で、精肉店の仕事、屠場の仕事、いのちをいただくとは、在日朝鮮人
などの話をしてもらいました。明るくおやじギャグを交えた話は子どもたちも大喜びでした。
最後に歌ってくれた彼の歌をユーチューブにアップしました。彼の祖父を歌った「帰郷」
と彼が共感する美輪明宏の「ヨイトマケの唄」です。ぜひ山村宙載で検索してご覧ください。
新井さんの歌もユーチューブにたくさんアップしているのでまだの方はご覧ください。


人の縁
投稿日 2月16日(土)19時11分 投稿者 奈良の鹿せんべい [119-228-194-232f1.nar1.eonet.ne.jp] 削除

昔、野村進さんというノンフィクション作家の「コリアン世界の旅」という本があり
ました。今は文庫になっています。その本の中で新井さんのことが詳しく書かれてい
ます。まだ清河でレコ大アルバム大賞とって間がないころです。その本の中で新井さ
んのライブに日本人がたくさん来て感動しているのをみて自分の若い頃と比べてしみ
じみ感動したと作家の高史明さんが語っています。高史明さんは自分の生い立ちを書いた
「生きることの意味」という本が40ほど前にベストセラーになりました。日教組が
多い学校の図書室には必ずありました。私が一番好きな本です。あこがれの高史明先生
に近づきたくて、「唄魂」に新井さんにサインを入れてもらって高先生に贈りました。
そこから高先生夫妻と文通が始まり、6年。高先生夫妻は88才になり、自宅の荷物を
整理していらっしゃいます。それで韓国・朝鮮関係の本を私がすべていただくことに
なりました。段ボール十数個の膨大な量です。貴重な本も多数あります。CD一枚が
すごいことになりました。まさに「わらしべ長者」です。新井さんと高先生ご夫妻に
感謝です。高先生ご夫妻の魂を受け継ぎます。それから…長くなったので、次に書きます。


楢山さんのエールを受けて
投稿日 2月12日(火)18時34分 投稿者 内野頼子 [om126034022183.18.openmobile.ne.jp] 削除

ありがとうございます❗ならやまさんのエールを受けて、
 初めて投稿させていただきます。福岡のライブ主催内野です
かって、筑紫哲也さんのニュース23のエンディング曲で
 新井さんを知り、その奥深い歌声に心奪われてしまいました!
その後、福岡の中心部 天神長浜でライブがあることが分かり
 いそいそと出掛けて行きました。薄暗いライブ会場の中で
 初めて聞く歌ばかりなのに、何故かボロボロ涙が流れて
 心臓をわしづかみされたように 衝撃でした!!
その新井さんが、常宿としていたホテル(セントラルHフクオカ)に
 私は、在職していました。
ある日のこと、フロントの方から、あの渋い声が私の座っているカウンターに
 響いてきて、心、踊るやら、体は跳びはねるやらで、興奮状態
 その頃は、恥ずかしく 遠くから眺めるだけでしたが
 各地のライブに足を運ぶようになり、現在では、ライブを主催させていただくようになり
   今回で、まだ6回目です。
長崎 新井ファンの方の言葉をお借りしますと
  新井さんを知っていると、知らないでは
   人生の喜びや感性、物事の思慮深さ、生きる姿勢に違いがでますね と
 5月24日(金) 福岡ライブ 気候もいいです
   旅行を兼ねて いかがでしょう🎵
  (会場は、ステージを囲むように段々に設置され、音響もよく
しっかり 新井さんの歌声、望さんのギターを受け止めることができます)


年末のお話をもう一度
投稿日 1月31日(木)18時00分 投稿者 ならやまたけお [p977161-ipbf944aobadori.miyagi.ocn.ne.jp] 削除

osaka itoさんふと振り返った去年の京都大阪ファイナル
興奮と混乱のドキュメンタリーフィルムでも見ているような
ハチャメチャで脈絡なしにも見える流れのような
でも筋立てが通っていると言えば通ってますもんね
osaka itoさんのリアルな2日間

読んでいても訳分からんぞ、雰囲気だけしか書けない
とありますが
ちゃんと映像で見えてくるから不思議
ステージ関連の記述は少なくても、舞台裏とライブ全体の
雰囲気はバッチリ伝わってきますよ

あと嬉しいのはライブフォト
拾得、アートクラブの外観、会場のムンムン熱気、カンパーイの様子
みんな満面の笑顔、いいなー
思わずぼくも頬が緩んでいるのです
osaka itoさん、みなさんお疲れさまでした

さあ明日から2月
いよいよ新井さんの2019年歌の旅が始まります
関東からスタートして、今年も九州一発目は福岡
南の方に向かってエールを
内野さんがんばれー!!
北日本もがんばるぞー!!


春ですが、年末のお話を。
投稿日 1月28日(月)19時16分 投稿者 osaka ito [219-106-224-210.cust.bit-drive.ne.jp] 削除

仙台のお兄さん 雪かきびと にですか。大変ですね。
関西もうっすら雪景色もありましたが、
梅の花がほころび始めました。
寒さは本格化しますが、春の香りや匂いは、もうそこまででしょうか。

ふと、振り返れば、
ひと月前に、京都 大阪 横浜と楽しいライブがあったのですね。
掲示板は、ちょっと恥ずかしいのか、
書込みが少なく寂しい思いがひしひしと感じられます。(私だけかな)

個人の記録では、素晴らしい感想を記しているのを拝見しますが、
この日本国中、約80万人、800万人、(8000万人まさか)の応援者が
見ている、この掲示板が 賑わって欲しいと思います。

京都の拾得には雨の名神高速を車で行ったので、
おとなしく お酒無しでの拝聴となりました。
京の忘年会と云うことで、楽しくいい歌を聞けました。
この日は、高知からの友と、再会を祝い
お酒と炭酸水での乾杯となりました。
ここで、友とはお酒の濃度では大きな差がつきまして、
一緒に大阪まで連れて帰り、
一気に追いつくと云う荒業で、イーブンとなりました。
そしたら、歌で勝負や。ということとなり、
もう終わる というスナックでマイクの取り合いとなり、
観客のいない戦いは続いていきました。

大阪御堂筋でのライブ当日。
ライブ会場が 昼間に他のグループに貸していたんだ。
とりあえず、朝に、新井チームの荷物を降ろすことに。
昼のチームはリハしてたわ。
プレイバックパートU とか、ダンシングオールナイト。
素人バンドは楽しそうやった。(うれしそうだった)

こっちはお昼ご飯、みんなで取ることになり、わいわいがやがやと。
いろんな話の中で、新井さんが鹿児島で15代沈寿官さんとの
薩摩焼の対談とかの話となり、2週に渡って、グルメの番組をして、
ぶりやきびなご 焼酎 美味しかったな〜〜でした。
司馬遼太郎さんの故郷忘れじかたく候 は14代沈寿官さんのお話で、
若いころ読んで、感慨深かったことを思い出した次第です。

リハーサルが済んで、お客さんの入場が始まりました。
知った顔をみるとうれしくなり、名前だけ知っている人と挨拶をし、
お客さんを誘導したり、ビールのお代わりを促したり、
新しい新井さんのCDを宣伝したりで、あっというまに開演時間。

ウィ・アー・ホウ(雨夜花)、アマポーラ だったか?
1部は売出し中のCDの中から。

こっちは、お客さんの反応を眺めたり、お酒の注文の具合や
遅れて来られたお客さんの対応とかで、時は過ぎていく。
2部はアムステルダムから。
強烈なパッションでの始まり。
ぞくぞくする。 会場が一体化してくる。
みんなが紅潮している。
凄く声が出ている。 ギターが唸っている。
ピアノが響いている。

なんやかんやで、読んでいてもわけがわからんぞ。
いつもそうや。
雰囲気だけしか書けない。

来れていない方々に、友達にライブを伝えられない。
演奏した曲名も伝えられない。

みなさん、よろしくお願いします。


削除キー 新着順 1 - 10
最大記録件数 100 更新 終了

■削除は、[削除]欄をチェックして、投稿時に設定した削除キーをすぐ上の欄に入力してボタンを押します.
■削除キーが合致しない記事は削除されません.
■削除キー欄にマスターキー(管理者のみ)を入力すると任意の記事の削除が可能です.

MiniBBS